ストレス社会と言われる現代において、ストレスとの付き合い方を知ることはとても重要です。しかし、どのように解消すればいいか分からず、困っている方は少なくないでしょう。今回は、ストレス解消法の見つけ方やおすすめの方法を解説します。

おすすめのストレス解消法

ストレス解消法がなかなか見つからず困っている場合、あまり深く考えずに実践するのもおすすめです。ここでは、数あるストレス解消法の中でも実践しやすい方法を紹介します。リフレッシュのきっかけになれば幸いです。

爽やかな汗を流せる!体を動かす

運動不足は血行を悪くすることから、体力回復が遅れてしまいがちです。血行は体全体の血の巡りを指します。これが悪くなると全身に酸素や栄養などが行き渡りにくくなるうえ、本来ならば汗や尿として排出される老…

Read more

睡眠は重要!とにかく寝る

ストレス解消の基本は、「とにかく寝ること」です。仕事や家事などで忙しく常に時間に追われていたり、人間関係などでストレスが貯まっていると、ついパソコンやスマートフォンなどからインターネットやSNS、…

Read more

人と話してリフレッシュ!積極的に会話する

会話をすることで得られる効果とは

悩みや不安を1人で抱えていると、ストレスがどんどん蓄積されていきます。ストレスが溜まりすぎると、感情が爆発して泣き出したり怒りっぽくなります。自分を傷つけるだけではなく、周りの人にも迷惑をかける恐れがあるため、ストレスはこまめに解消しなければなりません。会話がストレス解消に向いているのは、自分の気持ちを言葉に表すことで思考を整理できるためです。ストレスが溜まって塞ぎ込んでいると視野が狭くなりやすいため、思考が偏っている場合があります。思考の偏りがなくなればストレスに対する見方も変わり、ストレスへの耐性をつけることもできるのです。 また、他者からの意見を聞くことも柔軟な思考に繋がります。アドバイスや励ましなどによって気持ちも前向きになれるため、会話はストレス解消にもってこいなのです。

会話をする際の注意点

ストレスが溜まっていると次々と話したいことが出てきてしまい、一方的に話し続けてしまうケースがあります。相手の意見も聞かずただ鬱憤を晴らすだけでは、自己満足で終わってしまいます。思考を柔軟にするどころか、自分を正当化してますます偏った思考になる恐れもあるのです。また、自分は一方的に話してスッキリできても、今度は愚痴を聞かされた相手の方がストレスを溜めてしまいます。ストレス解消になるとはいえ、何でもかんでも話して良いわけではありません。相手を思いやる気持ちを持つことが大切です。 また、相手のことを考えすぎて黙り込むのも意味がありません。自分はストレスを溜め込んだままになりますし、相手も「なぜ話さないのだろう」と疑問に思ってしまいます。適度な会話を心掛けましょう。